どうぶつの森 スマホ版に駅は登場するかな?過去作品の駅についてご紹介

tobimori eki

公共施設:駅

駅は24時間いつでも利用できます。

駅でできることは過去シリーズと同じになるのでしょうか?

過去シリーズを参考に考察してみましょう。

マルチプレイ

過去シリーズのどうぶつの森では「駅」で他のプレイヤーとマルチプレイをすることができます。

インターネット通信とローカル通信の2種類のプレイ方法がありました。

スマホ版ではインターネット通信・LINEマルチなどがあるかもしれませんね。

位置情報を利用して近くの村に遊びに行けると面白いですね。

駅ロッカー

tobimori rokka

 

駅内にあるロッカーには荷物を預けることができます。

預けたアイテムは自宅に設置しているタンスなどと共通になっていますので

駅内でも自由にアイテムを出し入れできます。

マルチプレイ時もロッカーが使えますのでロッカー機能はスマホ版でも同じになるかと思われます。

駅のデザイン

tobimori eki01

 

マルチプレイを何度もしていると駅のデザインを変更することができます。

スマホ版も村のデザインや雰囲気に合わせて変更できるようになると思います。

マルチプレイのメリット

珍しい魚

tobimori sakanaturi

 

友達の村で魚釣りをすると珍しい魚が釣りやすくなります。

普段見つからない魚もみんなで一番に見つける遊びなども面白いですね。

フルーツの価格

frutu

 

友達の村にあるフルーツを自分の村で売るといつもより高値で買い取ってくれます!

また、自分の村にないフルーツを地面に植えればしっかりと実ってくれます。

全フルーツを村で育てられるようにたくさんの友達とマルチプレイしたいですね。

 

まとめ

公共施設「駅」について解説してきました。

スマホ版どうぶつの森もマルチプレイが実装されると思いますのでとても重要な施設になりそうですね。

周りのみんなの村へ遊びに行って自分の村にはない珍しいモノをどんどん集めて村を充実させていきましょう!

記事下RSS

オススメ記事
この記事へのコメント